Vol.9 引越し費用を節約する

引っ越し

節約する方法として家賃が安い住居に引越すことを推奨しました。
そこで必然の引越し費用の節約術を紹介します。

引越し費用を安くする5つの方法

1.業者を比較する
2.不要品を処分する
3.安い月日を選ぶ
4.運べるものは自分で運ぶ
5.業者と交渉する

引越し業者を比較する

引越し業者は正直サービスもですが料金が異なります。
そのため比較は必須です!

しかしながら面倒ですので比較サイトがあるのでそこでしましょう。
200社以上の業者を比較することができます!
↓は有名な3つの比較サイトです。
数分で見積もりできます。




200社以上の比較、成約時にはキャッシュバックあり




200社以上の比較、割引クーポンあり




チャット機能搭載で値引き交渉がし易い

ここでもポイントサイト!!
ポイントサイトには引越し見積もり案件があります。
それを利用すればポイント獲得も可能です。
だいたい100~500ポイント稼げます。
↑の比較サイトはポイントサイトにないものがありますので注意下さい。

不要品を処分する

引越し料金は何で決まるのでしょうか?

それは「荷物の量」です!

荷物の量が少なければ料金は安くなります。
そのためにも不要品の処分は必須です。
処分には3つの方法があります。

①不要品を売る

詳細は↓のホップ編の記事を御覧ください。

Vol.13 ヤフオクで不要品が10万円

不要品をヤフオクなどに出品すれば引越し代金くらい捻出できます(笑)

②不要品をあげる

友達に不要品をあげましょう。
自分には不要品でも友達は違うかもしれません!
管理人もよくしています。
決して押し付けではありませんよ(笑)

しかしあげる友達がいない!
という場合は↓のサイトを使うと便利です。

ジモティー
→地域限定の掲示板

ガレージセール
→フリマサイト

上記を使えば不要品をかなり削減できます。

それでも引き取り手が少ない大型の家具や家電はどうすれば?
特に大型家電製品などは家電リサイクル法があり処分にお金がかかります。

・ゴミ処理場(指定場所)に直接持ち込む
→リサイクル料+処理手数料

・家電小売店に頼む
→リサイクル料+収集運搬料金

・リサクル業者に頼む
→リサイクル料+収集運搬料金

↓は家電リサイクル料金です。
家電リサイクル法料金

一番費用が安いのは自分で持ち込むことです。
しかし大型家電であればそれなりの車が必要です。

そんなときはリサイクル業者や家電小売店に頼みましょう。
家電小売店であれば次に新しい家電を買えば運搬料金をサービスしてくれるところもあります。
リサイクル業者は運搬料金がかなり差があるため数社比較することをオススメします。

関東と関西限定ですが、粗大ゴミ比較ナビです。

引越しの安い月日を選ぶ

シーズンは6月、7月、11月~2月を狙う!!
3月、4月や9月、10月は期の変わり目で引越しが多いです。
そのオフシーズンは料金も3割ほど安くなります。

月の中では初旬から中旬を狙う!
月末に賃貸契約終了が多く、引越し希望の人が増えます。
値引きをしなくても契約する人が増えるため業者は強気です。
月末引越しは高額になる傾向があります。

曜日は平日を狙う!
土日休みの企業や学校が多いため平日の方が料金は安くなります。

引越し料金は運ぶ荷物の量で決まります。
出来る限り自分で運べばその分安くなります。

トラックの大きさが一回り変わるだけで料金はかなり変わります。
例:2トントラック8万円
  3トントラック12万円
例は同条件で管理人が実際に比較した引越し見積もりです。
1トン変われば4万円も節約になります!

それなら最初から自分で引越しをしたら良いのでは?
と思いますが管理人はオススメしません。
※単身者かつ近場の引越しならメリットが出るときもあります。

理由は
①保証がつかない
②手伝ってもらった人の謝礼が高くつく

もし家財が壊れても保証は付きません。
そして友人などに頼む場合、謝礼が高くつくことが多いです。
単身者の引っ越し、かつ近場であれば料金が2万円以下の可能性があります。
手伝ってもらったお礼を払い自分もしんどい思いをするほうが損なケースが多いです。
これは管理人は体験済みです(笑)

引越し業者と交渉する

引越し業者の言い値で依頼する人が多いですが交渉すればかなりの確率で値引きが成功します。
①ライバル業者の名前を出す
②業者の都合の良い日時にする
③今後も使うことをアピール

↑の3つの方法でまず間違いなく値引きまたはサービスがつくことでしょう。
①は当然のことです。
そのためにも比較見積もりは必須です。

②はかなり有効な交渉材料です。
管理人が実際に値引きに成功した理由を業者に確認したので紹介します。
引越し業者さんの立場で考えてみてください。

例:
東京→大阪の引越しのAさん 荷物2トン
東京→岡山の引越しのBさん 荷物2トン
この2名が引越しを希望しているとします。

△2トントラック2台でバラバラに引越した場合:
それぞれにガソリン代と高速代金がかかります。
ドライバーも2名必要です。

◆4トントラック1台でまとめて引越した場合:
ガソリン代と高速代金が1台分で済みます。
大阪から岡山分は必要ですが△の場合よりも安いです。
また人件費も削減できます。

ということは日時を業者さん都合にしてもらって↑みたいな状況はないのか交渉すれば値引きの可能性があがります!

③は今回だけではなく今後も引越しがあればその業者を使いたいことや友人を紹介することをアピールしましょう。
そうすれば継続的な利益が見込める客と見てもらえるので値引きしてもらえたり梱包作業のサービスがつくことが多いでしょう。

今まであげた5つの方法を駆使して引越し費用を節約しましょう!

次は何度も出てきているお得なクレジットカードの紹介です!
これを使用すれば常に1.75%の値引きができます!
年間ではかなりの節約です。

next→Vol.10 最強のクレジットカード

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ