家賃がもったいない!月収20万の収入で目安をシミュレーション!

賃貸住宅

固定費で一番大きなウェイトを占めるのが住居費です!

住居費をいかに押さえるかが節約には非常に効果的です。
ここでは賃貸住宅の節約術を紹介します。

住居費30%以内には諸経費も含める

毎月の住居費は手取り収入の30%以内が望ましいと言われています。
この考えは正しいです。

しかし、住居費=家賃と思われています。
この考えは間違っています。
毎月発生しない諸経費も含めての30%以内とすることが大切です!

住居費に含める諸経費とは?

・礼金
・敷金、保証料(5万円)
・仲介手数料
・更新料
・会費

敷金(保証金)は部屋のクリーニング代金を引いたら残りは返ってきます。
もちろん破壊などしたらそれ以上に差し引かれますが(笑)
通常4万円以内ですので4万円で計算します。

会費とは町内会費などです。
必要なケースがありますので計算に入れます。

更新料は通常2年契約毎に発生しますのでその際に計算します。
実際に例で見てみましょう!

例:手取り収入20万円のTくん

家賃45000円(共益費込)、礼金家賃1ヶ月、敷金家賃2ヶ月
仲介手数料家賃0.5ヶ月、更新料家賃1ヶ月、町会費500円/月

契約1年目、2年目は
(礼金45,000円+敷金40,000円+仲介手数料22,500円)÷24ヶ月
=約4500円
家賃45,000円+諸経費4,500円+町会費500円=50,000円

3年目以降の計算は
更新料45,000円÷24ヶ月=1,875円
家賃45,000円+諸経費1,875円+町会費500円=47,375円

↑のようになります。

20万円の30%であれば60,000円ですので50,000円であれば満たしますね!

賃貸住宅を節約する2つの方法

①更新料のタイミングで交渉
②住居費が安い家に引っ越す

①については更新のタイミングで家賃を下げるという手法です。
前提として自分が住んでいる地域の家賃相場を調べることが必要です!
仲介会社や大家さんから連絡が来たら相場と比べて高いなどと返信しましょう。
↓を参考にしてください。

 前略

 お送りいただきました『更新のお知らせ』について、取り急ぎ回答します。

 私が入居した○年前とは経済事情が大きく変わり、近隣同種の家賃は大幅に下がっています。つきましては、現在○万円の家賃を、近隣同種と同水準の○万円にしていただきたく存じます(ご参考までに近隣データを同封しました)。

 もし、この額にご同意いただけるようでしたら、新賃料が記載された更新書類をご送付下さい。また、現行賃料のまま据え置かれるのでしたら、引っ越しを検討いたしますので、○年○月○日まで、その旨お知らせいただきたく存じます。

 以上、よろしくお願いいたします。

草々

○年○月○日  ○○マンション△△号室入居者 ○○」

出典:biz-journal

その後、連絡が来たら交渉すればいくらかは家賃が下がります。
それでも下がらない場合は更新料減額の交渉をしてみてください。

管理人は学生時代からかなりの確率で成功しています!

しかしながら交渉は面倒ですよね。
苦手な人も多いと思います。

そんなときは家賃が安い住居に引っ越してしまいましょう!
礼金や敷金を含めても安くなるなら引っ越すべきです!
長く住むのであれば大きな節約につながります。
まずは探してみましょう!

とはいっても、引っ越し代金って高いですよね?
自分で車借りてやるのも面倒だしなって思います。

次はそんな引っ越し代金の節約法を紹介します。

next→Vol.9 引越し費用を節約する

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ