Vol.18 自動車保険を安くする方法

自動車保険

自動車を持っている方なら必ずと言っていいくらい入っている保険です。

ディーラーや保険会社さんの言いなりで契約すると毎年かなりの負担になりますよね?
この負担が少なくなればかなりの節約になります。

自動車保険を安くする6つの方法

車両保険を見直す

人身傷害保険と搭乗者傷害保険を見直す

運転者の限定

特約を見直す

走行距離を見直す

毎年見積もりを行う

↑の6つの方法でかなり安くなります。
管理人も約8万円から3.7万円になりました。
4.3万円の節約です。
10年なら43万円も変わります!

車両保険は条件付きでリーズナブルに

単独事故の場合は100%自己負担になります。
車同士であれば過失割合になるので変わります。

車の修理って正直予想以上にお金がかかります。
管理人は車両保険に入っていなかったためにひどい目に遭いました。
台風で車のバンパーに木が飛んできて凹みました。
見積に出したら修理代金が38万円・・・。
仕方なくネゴもしましたが25万円出した苦い記憶があります。

お金がある人はいいのですができれば入っておいたほうが安心です。

車両保険は
・一般タイプ   :対車、単独、当て逃げ、災害、盗難など
・エコノミータイプ:対車、災害、盗難など

の2つが現在の主流です。
違いはエコノミーは単独事故、当て逃げ(相手が特定されない)が補償外となります。
中古車や年数が経った車はエコノミーで十分でしょう。
エコノミーにすることで保険料は安くなります。

また免責金額でも安くなります。

・1回目0円   2回目10万円(免ゼロ特約)
・1回目5万円  2回目10万円
・1回目10万円 2回目10万円

など数種類のプランがあります。

修理会社に修理代金から一定額を差し引いた金額を保険会社が支払います。
保険会社は一定額については保険金を支払う必要はありません。
一定額は保険契約者が負担します。
その一定額のことを免責金額といいます。

小さなこすれや凹みであれば数万円で修理が可能です。
そのたびに保険を使うと等級も上がらないため不利な点が多いです。

自分の補償と同乗者の補償を見直す

・人身傷害保険 :運転者の補償、同乗者の補償
・搭乗者傷害保険:同乗者の補償
人身傷害保険は運転者が怪我をした時の、治療費や慰謝料、会社を休んだ場合に支払われます。
搭乗者傷害保険は同乗者が怪我をした時に部位、症状別に一定額が支払われます。

ということは人身傷害保険と搭乗者傷害保険は被るのです!

もちろん支払いは2重になりますので余裕があれば両方に入ったほうがいいでしょう。
しかし絶対に搭乗者傷害保険は必要かと言われると疑問が残ります。
保険料を安くするのであれば人身傷害保険に加入していれば搭乗者傷害保険は加入しなくてもよいでしょう。

運転者を限定にする

運転する人が家族でも限定されるなら家族ならだれでも可能ではなく限定にするといいでしょう。
夫35歳、妻30歳、子供5歳の家族であれば
・30歳以上夫婦限定
とするべきです。
夫しか乗らないのであれば本人限定にするとさらに安くなります。

保険が安くなる順番です。
下に行くほど保険料が上がります。
(年齢縛りはないものとする)
・本人限定
・夫婦限定
・家族限定
・限定なし

保険会社にもよりますが無駄な特約は多いです。
弁護士特約や日常生活賠償保険は傷害保険や火災保険に含まれていることが多いです。
ご自身の加入している保険を一度見直しましょう。

代車特約も修理会社によって無料で出してくれますので不要な場合が多いです。
一度保険会社の提携修理会社に確認してください。
知り合いの修理会社さんがあればそこで修理を頼めば融通もきいてさらに良いですね。

街乗りなら走行距離を短くする

年間走行距離が短いならば走行距離別に保険料が変わる会社を選ぶと安くなります。
年間3,000、4,000、5,000キロ未満と1,000キロ単位の会社を選びましょう。

走行距離を超えて事故をしても補償されますので短めにしてもいいですね(笑)
事故した際にオーバー分の保険料を払えば支払いがされる保険会社が多いです。

自動車保険は毎年必ず見積もりを取る

ネットで簡単に見積は取れるので毎年比較しましょう。
多くの保険会社を比較した方がいいためネットでの比較見積は便利です。

毎年保険内容は変化はあります。
そして保険対象の年齢も上がるため節約ができますね!



面倒でなければポイントサイト経由で行いましょう。
ポイントサイトに見積案件があるので利用したらポイント獲得ができますよ!
詳細はホップのVol.5 ポイントサイトで毎月3万円を参照ください。

次は海外旅行の際の必要な保険についてです。

next→Vol.19 海外旅行保険は入らない

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ