賃貸併用住宅であれば住居費がタダ!?メリット・デメリットはこれ!

賃貸併用住宅

結婚して子供が生まれて落ち着いてきたら持ち家が欲しくなりませんか?
しかし持ち家は自分に賃貸していることって気づきませんか?
不動産投資は怖いけど・・・。
という人をよく見かけますが・・・。
持ち家は不動産投資して自分に貸していることなんですよね。

そんな無駄な投資は絶対にしたくない!
そんな人にはもってこいの節約術となります。

住宅ローンって毎月どれくらいなの?

住宅購入平均価格

↑の図から平均3,600万円ほどです。
仮にローン金利を1.5%として35年ローンとします。
諸経費(200万円)や頭金(300万円)を用意したとします。

借入金額:3,300万円
年間利子率:1.5%
貸付期間:35年
返済総額:42,436,997円
支払利息総額:9,436,997円

月額返済額:101,040円
年間返済額(月額返済額×12):1,212,480円

ボーナス払いをなしにすると毎月10万円です。

この金額を高いと思うのか安いと思うのかは人それぞれですが。
管理人は高いと感じます!
手取り25万円のサラリーマンであればローンを支払うと15万円しか残りません!
家族がいたらかなり厳しいです。
貯金ができません。

しかも30歳でローンを開始しても65歳まで続きます。
35歳なら70歳です・・・。

住宅の種類によって節約術は変わる


・土地付注文住宅    →賃貸併用住宅

・マンション、建売住宅 →賃貸に出す

大きくは2つに分かれます。
マンション、建売住宅については
次のVol.17 住宅をタダで手に入れる②~マンション、建売編~を参照ください。

賃貸併用住宅とは?

ミサワホーム賃貸併用住宅

↑はミサワホームの賃貸併用住宅説明です。

賃貸併用住宅とは自宅の一部を賃貸住宅にした建物のことです。

賃貸併用住宅のメリットは?

◆ローン負担が下がる

◆家賃収入がでるかも?

◆ライフプランに合わせて変更可能

ローン負担軽減と家賃収入について土地付注文住宅と比較してみましょう。
初期費用は両方共500万円としています。

土地付注文住宅:3,600万円(諸経費200万 頭金300万)
        ローン金額3,300万円 金利1.5%

月額返済額:101,040円
年間返済額(月額返済額×12):1,212,480円

毎月約10万円の支出です。

賃貸併用住宅:5000万円(諸経費300万 頭金200万)
       ローン金額4,800万円 金利1.5%

月額返済額:146,968円
年間返済額(月額返済額×12):1,763,616円

しかし賃貸併用住宅の場合は賃貸分の家賃が入ってきます。
仮に1LDKを3部屋つくって家賃8万円/月で貸せば?
8万円×3部屋-ローン支払約14.7万円=9.3万円

もろもろの雑費を引いても毎月8万円ほどは手元に収益として残ります。
ローンの支払の軽減どころかプラスが出ることがあるのです!

家賃収入≧住宅ローン返済額

これが賃貸併用住宅の最大の特徴です。
無料で自宅を手に入れてなおかつ稼げてしまいます(笑)

他人に貸すのが嫌になったら賃貸部屋を老後の親用にしたり、子供部屋にしたりとライフプランに合わせた柔軟性があります。
最近のハウスメーカーではその後のことも視野に入れた設計が多いです。
壁が簡単に取り壊せたり、水回りのレイアウト変更が簡単だったりします。

賃貸併用住宅のデメリット

・ローン返済リスク

・隣人との音問題

・管理について

リスクと言っても正直あまりないのですが・・・。
強いて言うのであれば↑の3つです。

ローン返済リスクは普通に持ち家を買う時よりも少ないです。
自分がリストラになっても、病気で働けなくなっても賃貸がついていればローン返済は行われます。
しかも賃貸部分が全体の半分以上であれば住宅ローンが適用される可能性が高いです。
これによりローン負担額も少ないですね。
住宅ローンとアパートローンについてはVol.17にて詳細を解説します。
逆に怖いのは空室リスクですね。
しかしそこは勉強してしっかりとした管理会社に任せればリスクヘッジできます。
よっぽど自分で持ち家を購入するより安全です。

隣人との音問題については
①壁を厚くする
②設計的にクローゼットなどを間にする
③賃貸人を選ぶ

このようなことをして回避します。
賃貸人を選ぶとはあらかじめ不動産屋さんにいって学生はNGなど伝えましょう。
それによってある程度賃貸人の属性は選べます。

管理についてはほとんどの大家さんは自分で管理業務をしていません。
専門の業者に任しています。
賃貸併用住宅でも専門の業者に任すことをオススメします。
間に業者が入ることで居住者とのトラブルも少なくなります。

専門の業者のつてがないってなりますよね?
そんなときは賃貸併用住宅の体験者や専門業者に連絡するとよいでしょう。
ネットで検索すればすぐに出てきます。

管理人が参考にした本を記載します。
↓以外にも多くの本を読みましたがその中でも特に参考にした本です。
専門業者さんの連絡先も記載されています。

お金が貯まる!家の買い方
 浦田 健(著)
住宅ローンで不動産投資を行う方法 ―自宅は住居付き収益物件を買いなさい
 星 輝(著)
お金を生み出す家を買いたい!
 長谷川 高(著)
収益住宅のすすめ―住宅ローンを軽減し、月15万円の永久年金を確保する
 Mac安田(著)
不動産投資は住宅ローンを使え!
 箕作 大(著)
月々のローン返済を軽くする 賃貸併用住宅
 進藤 強(監修)

       
次はマンション、建売住宅をタダで手に入れる方法です。

next→Vol.17 住宅をタダで手に入れる②~マンション、建売編~

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ