医療保険の節約術!解約の時期や、おすすめの保険はこれ!

医療保険

医療保険の節約術の前に現状の制度を知りましょう!
管理人と同じサラリーマンの人は知っていないと大損ですよ!!

高額医療費制度って知ってる?

高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

厚生労働省より

会社員も自営業者も保険には加入していますよね?
ここでいう保険は保険証があるものです。
病院に保険証を見せると3割負担になりますよね?
その保険です。

実は3割負担と言っても金額が大きい場合は国が一定額を負担してくれます。

高額医療費制度

↑の図は1ヶ月の自己負担金額をあらわしています。
管理人の給与ですと赤枠部分です。
MAXでも約9万円/月の負担となるわけです。

会社員であれば会社の健康保険組合が勝手にこの制度を使ってくれるはずです。
しかし自営業者の方や会社によっては自分で申請が必要な場合もあるので注意してください。

この制度があるので1年間入院した場合
約9万円×12ヶ月=108万円となります。

サラリーマンなら傷病手当金がある

傷病手当金とは会社員が病気や怪我などで就業できない状態に支給される給付金です。
会社を休んで4日目~1年半までが支給期限です。
その間は手取り額のおよそ7割が毎月支給されます。
会社の健康保険組合によってはもっと保障が厚い場合もあります。
期間が3年の会社もあります。

ということは仮に30万円の収入であれば21万円の支給です。
1年間入院した場合は高額医療費制度を使えば十分生活ができます。

サラリーマンは医療保険に加入しなくてもいい?

これも生命保険と同様ですが貯金がしっかりあるのであれば加入の必要はありません。

医療費用の貯金は200万円ほどあれば十分でしょう!
ポイントは医療費のみの貯金ということです!

それ以外の出費の貯金とは別です。
そうすると中々と厳しいかもしれません。

そうした場合はやはり医療保険に加入することをおすすめします。

2000円以下の定期型医療保険にする

貯金が貯まるまでは定期型の医療保険に加入すると良いでしょう。
保障は必要最小限で十分です。

入院給付金は1日5,000円で十分です。
様々な特約も必要ありません。

管理人はこくみん共済に入っています。
2000円以下/月の掛け金です。

他にも楽天の医療保険やオリックスなど安くて素晴らしい物は多いです。

ポイントサイトの資料請求や面談を利用してみましょう!
ポイントも稼げます。
詳細はVol.5 ポイントサイトで毎月3万円を参照下さい。
注意点は面談時には定期型ではなく終身型を勧められますので断ってくださいね(笑)
終身型の方がコミッションは高いですからね。
勧めるファイナンシャルプランナーは多いです。

支払いは一括のクレジットカードで!

毎月払うよりも年払いにしたほうが安くなる保険が多いです。
どうせ払うのであれば年一括にしておきましょう!

ここまでいくとしつこいかもですが(笑)
もちろん支払い方法はクレジットカードですね!
ポイントがしっかり付きますよ!!

今の医療保険を解約するなら新たな医療保険に契約してから

これは医療保険というよりも保険全体に言えることです。
今契約している保険を解約する前に新たに加入する保険と契約をしてください。
保障される期間に空白をつくることは厳禁です!

健康状態によって医療保険に加入できなかったという人は多いです。
必ずかぶるように契約をしてください。
無事に保障が始まったら前の保険を解約しましょう!

一部「契約=保障開始」ではなく3日後など保険によって異なります。
しっかりと契約時に聞いておいてくださいね!

貯金が貯まったら解約する

貯金が医療費用に200万円別途用意できるようになったら解約もありですね!
管理人も貯金がしっかり貯まったら解約予定です(笑)

次からは住宅をタダで手に入れる方法です。
管理人はこの方法を知った時は目からウロコでした(笑)

next→Vol.16 住宅をタダで手に入れる①~賃貸併用住宅編~

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ