Vol.12 中古車を安く手に入れる

中古車

中古車を安く手に入れる方法を見て行きましょう!
管理人は直近の新古車を購入するまでの2台は中古車を購入しています。

中古車が安くなる時期がある

大型連休中やその直後、ボーナス前が安くなります。
大型連休に向けて車を買いたいという需要が高まるからです。
またボーナスが入ると購買意欲が増すため需要が高まります。

ディーラーの中古車仕入先

大きくは2つに分かれます。
・オークションで購入
・直接購入

オークションとは全国何箇所かの会場にて中古車のオークションを行います。
そして会場や衛生中継で各中古車ディーラーがセリを行う仕組みです。

USSオークション

参考:USSオークション

この仕組によって日本中の車の相場は安定しました。
中古車ディーラーはオークションで仕入をして店頭で販売することがほとんどです。
最近では直接購入で販売するディーラーはメーカーのディーラーくらいです。
※メーカーのディーラー:トヨタや日産など直営の中古車ディーラー

中古車の購入方法は2種類ある

↑のオークションのおかげで全国の中古車を探せるようになりました。
これによって
・店頭購入
・ディーラーに探してもらって購入

という2つの購入方法が選べるようになりました。

管理人はもっぱら下のディーラーに探してもらって良い車があれば購入しています。
新古車もオークションに出るため現在3台購入していますがすべてこの方法です。

管理人はなぜこの方法なのでしょうか?
理由は明確です!

中古車ディーラーが在庫を抱えることなく仕入れ後すぐにお客様の手に移るため維持費がかからないからです。
ということは店頭販売車よりも安く購入できます!
もちろん店頭在庫で早く手放したくて赤字覚悟の車は除きますよ(笑)

中古車を安く購入するポイント

管理人が実際に中古車ディーラーにお願いしている点を教えます。

◆車種の人気

◆走行距離

◆ボディーカラー

◆年式

◆装備

欲しい車種が決まっている場合は別ですが、格好がつくものを安くお得に購入したい場合を前提としています。
管理人は過去に日産のSUVを通常の中古車相場より50万円ほど安く手に入れています。

車種の人気はズバリあります。
管理人の例ではトヨタのハリアーを狙っていたのですが同じ年式、走行距離、ボディーカラーであれば日産のムラーノが100万円も違いました!
まさに人気だけですね!
人気車種はお得感が少ないことは覚えておきましょう!
ランクルのように中古車が新車とほぼ変わらないこともあります(笑)

走行距離は基本は5万キロ以上を狙いましょう!
それ以上になると一気に値段が落ちます!

ボディーカラーは人気の白と黒を外すことをおすすめします。
新車であれば逆に白か黒を買うことを勧めます。
中古で売る際に買取価格がかなり変わります。

オススメはシルバーです!
人気もない割にはかっこよく、キズも目立ちにくいです。
管理人は基本シルバーです(笑)

年式と書きましたがこれはモデルチェンジ直後などのタイミングを狙うということです。
モデルチェンジすると(あくまでもモデルチェンジ後の車種が人気の場合)旧タイプは年代が新しくても値段が下がります。
そこを狙えばかなりのお得な車が買えます!

そして装備です!
よくHDDナビがついて、ETCもついてる中古車が欲しい!
という人いませんか?
考えて下さいオークションなんです!
装備が多いものを狙う業者がたくさんいます!
それは装備が最初からついている車が欲しいというお客様の要望の反映です。

それならば装備オプションがついていないものを選んではどうでしょうか?
オークション価格もあまり上がらないため相場よりも安く買える可能性が高いです。

ナビやETCはカーショップやヤフオクを見ればかなり安く売っています。
購入する中古車ディーラーにお願いすれば安く取り付けもしてくれるでしょう。
取り付けならサービスしてくれるかもしれません。
別途で取り付けしても2万円あれば十分でしょう。

下取りもオークションを利用すれば高くなるかも?

現在乗っている車があるのであれば中古車ディーラーにお願いしてオークションで売ってもらうことも考えましょう!
通常大手の中古車買取専門店は安く買い取って自社のルートで販売かオークションに出品して利益を出します。
それならば予め大手中古車買取専門店で査定してからオークションに出品してはどうでしょうか?
最低落札価格も決められますので大手中古車買取専門店の査定額よりも高ければ売るとすれば良いのです!

ポイントサイトにありますので中古車の買取価格を見てみましょう!

次は人生前半のメインイベント結婚式の節約術です。

next→Vol.13 こだわり結婚式の節約術

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ