銀行預金の金利は低すぎる?メリットがなく、むしろ危ない理由は!

銀行通帳

国内預金でほとんどの人が利用している銀行預金。
その普通預金の金利がいくらか知っていますか?

0.02%です!

日本の物価上昇に金利が追いつかない

現在の日本のインフレ率はご存知でしょうか?
※2015年4月時
アベノミクスからだと平均して1.6%/年のインフレ率です。
安倍首相の目標は2%/年のインフレ率です。

消費税も上がっていますしね。
金利0.02%/年ではまったくインフレに追いつけないです。

10年この状況が続いたとしたら?
100万円を銀行に預けたら?
100万円と2,002円の金利を受け取れます。

しかし世の中では・・・。
100万円の価値が下がっています。
117万円ないと10年前には100万円だったものが買えません。

銀行に預けていたら資産が減る

現在のインフレ状態の日本では銀行預金をしていると資産が減るという状況です。
1.6%/年以上の金利でないと資産が減ります。

定期預金で一番金利が高い新生銀行でも0.5%/年です。
インフレ率の3分の1以下なんです。
普通預金0.02%/年であればインフレ率の80分の1です。

しかし何でそんな金利が低い銀行にみなさんお金を預けるのでしょうか?

銀行預金を国が推奨している?

日本には借金が1,038兆円ある話をしました。
詳細はVol.2 自分の将来を考えよう!を参照ください。
この借金は国債を発行して借り入れしている額です。

あなたは国債を買っていますか?
ほとんどの人は買ってませんよね。
なら誰が買ってるの?

正解はあなたも国債を買っているんです。

銀行がみなさんから預かったお金を国債を購入して運用しているからです。

ということは・・・
銀行にお金を預ける=国債を購入
なんです!

保険会社も国債をかなり購入しています。
銀行+保険の組み合わせでわれわれは国債を知らぬうちに買っているんです。

日本は国民からお金を借りて国を運営しています。
国民が現金を持っていることを知っているからです。
しかも破綻のおそれが少ない。
真面目な国民性を知っています。
というのかそのように教育しているんです。

「お金は手元に置かずに銀行(ゆうちょ)に預けましょう」
「銀行は安心・安全ですよ」
と教育しているんですね。

銀行に預けるのなら楽天マネーブリッジを利用しよう

楽天銀行と楽天証券を開設し連携すると普通預金金利が0.1%/年になります。

楽天銀行

楽天証券

普通の預金金利の5倍です!
ゆうちょ銀行の定期預金よりも高いです。
ゆうちょの金利は5年定期で0.06%/年ですからね・・・。

証券口座ではMRFで運用されているため金利が銀行よりも有利です。
※通常0.05~0.08%/年
マネーブリッジはMRFのさらなるパワーアップサービスです。

もちろん口座開設費用や維持費はかかりません。
ポイントサイト経由で口座開設すれば稼げますね。
ホップ編のVol.5 ポイントサイトで毎月3万円稼ぐを参照ください。

いざというときに現金は必要です。
すべてを投資信託や保険に預けるのは流動性が悪いです。
せっかく国内預金をするのなら少しでも金利が高いところがいいですね。

次は会社員なら確認して欲しい財形貯蓄についてです。
かなり優遇された福利厚生サービスがある会社もあります。
会社の規約を確認してください。

next→Vol.6 財形貯蓄で資産を増やす

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ