Vol.4 ローリスク投資の心構え~時間と複利~

ローリスク投資をする上で絶対に知っておいてもらいたい話です。
この原理がわかっていないと投資は失敗します。

ローリスク投資は投資の土台

ジャンプの大きな項目
・初級:ローリスク
・中級:ミドルリスク
・上級:ハイリスク

と3種類あります。

これは投資の基盤を築く順番でもあります。
投資のピラミッド

一番の土台がローリスク投資です。
土台をしっかりと気づいてお金を減らさないようにします。
工数もかからず手離れも良いため安心して放っておけます。
スラムダンクで言うと赤木ですね。
ローリスク投資
スラムダンクより

ミドルリスク投資で今後の人生お金持ちなるのか決まります。
ここは知識と努力が必要です。
工数はかなりかかります。
しかしリターンはかなり見込めます。

ハイリスク投資は知識はもちろんですがそれよりも運が左右してきます。
余裕資金がある場合や趣味として投資することをオススメします。

初級編で取り扱うローリスク投資の種類

・国内預金:銀行預金、財形貯蓄

・海外預金:外貨預金

・保険  :海外長期積立保険(投資信託)

・現物資産:新築ワンルームマンション

↑をメインに話をしていきます。

時間を味方につけて複利で運用

今までも何回か話をしました。
「時間を味方にする」意味について考えてみます。

その前に「単利と複利」の違いを説明します。

・単利:
預け入れた元本に対してのみ利息がつく計算方法

・複利:
運用期間中に発生する利息を元本に繰入れ再投資し利息を計算する方法

年利10%として見てみましょう!
単利と複利

複利のほうが元本に組み込まれるため断然数字が増えますよね?
↑の表では5年までしか計算していませんが。
これが10年なら?20年なら?
と気になりませんか?

ちなみに
10年なら
・単利の場合:合計200万円
・複利の場合:合計259万円

20年なら
・単利の場合:合計300万円
・複利の場合:合計673万円

その差は2倍以上です!

すごい差がでてますよね(笑)
複利の効果すごすぎます!

若いうちに始める

お気づきだと思いますが時間があればあるだけ複利の効果はでます。
ということは若いうちに始めればより早い段階でお金が増えます。

25歳からローリスク投資を始めれば65歳時点で貯金1億円は可能です。

毎月3万円を40年間、年利8%の投資に預けたらちょうど1億円になります。

3万円ならホップ編のポイントサイトやステップ編の節約で可能ではないでしょうか?
2万円の投資でも6,700万円の資金になります。
これで老後は安心ですね。

しかしローリスク投資の弱点は長期運用が必要ということです。
時間を味方にするためにもなるべく早く運用していきましょう!

実際にはローリスク投資だけではなくミドルリスク投資を組み合わして大きく資産を増やします。

一時的に資産が減っても我慢が必要

ローリスク投資でも一時的に運用成績が落ちる時があります。
近年ではリーマン・ショックがありましたよね?
世界的な経済危機の時は一時的にですが運用成績が落ちます。
世界的な経済危機は20~25年スパンであると言われています。

しかし数年もすれば元に戻ります。
人間はどうしても危険を恐れます。
そのため怖くなってローリスク投資をやめたくなります。
が・・・ここは我慢が必要です。

感情が入り込まない仕組みをつくる

感情をコントロールすることが投資をする上で一番大切なことです。
管理人は一時期株やFXにハマった時期がありました。
感情に負けて大損した記憶があります・・・涙

成功している人を見るといかに感情をうまくコントロールしていることか!
そのためには感情が入り込まないような仕組みを作ることです。

例えば
・給与からの天引き
・口座からの毎月自動引落
・引き出しをできないようにする
などなど

方法はたくさん考えられます。
コントロールをすることはマインドを変える訓練が必要です。
まずは仕組みでカバーしましょう!

次はローリスクで一番に考えるであろう銀行預金についてです。
預金の利息であなたは損をしていますよ?

next→Vol.5 銀行預金は損をする

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ