FXって何?儲かるの?FXで稼ぐ仕組みや始め方はこちら!

FXで稼ぐ

1998年の外為法改正によって世に出たFXです。
あっという間に株と並ぶくらいメジャーになりました。

投資といえば株とFXが双璧をなします。

取引のためにはFX口座開設が必須となります。
管理人はYJFXを利用しています。
ポイントサイトで開設可能ですので見てみてください。

ポイントサイトの稼ぎ方:FX口座開設編を参照ください。
口座開設だけでも稼げます(笑)

FXとはなに?

FX(Foreign eXchange)とは外国為替証拠金取引のことです。
外国為替証拠金取引とは、一定の証拠金を差し入れて行う外国為替取引のことです。
為替レートの変動を使って売買差益を出します。

通常の外国為替取引では外貨を購入し売ることです。
FXでは外貨を売りから入って買い戻すことができます。
円安、円高の両局面で利益を生むことが可能です。

取引する2通貨間の金利差調整額であるスワップポイントで利益を得ることも可能です。
スワップポイントとは簡単に言うと利子です。

手数料が安いことから外貨預金の代わりにもなります。

詳細はVol.7 外貨預金するならFX口座を参照ください。

・為替差益
・スワップポイント
・外貨預金

この3つの稼ぎ方がFXにはあります。
外貨預金の代わりに使うのであればローリスク投資です。
スワップポイントを低いレバレッジで行えばミドルリスク投資です。
レバレッジとは、証拠金を数倍にして取引できる仕組みです。
2015年現在レバレッジは25倍までと規定されています。

為替差益をレバレッジを掛けて行う場合はハイリスク投資となります。

外国為替証拠金取引とは?

FXでは証拠金取引を行います。
売買する通貨の価格相当よりも少ない資金で、取引を行うことができるのです。

簡単に言えば自分がFX口座に証拠金を預けるとそれに応じた取引ができます。

具体的に見てみましょう。

・1ドル=120円
・レバレッジ20倍

60万円(5,000ドル)を証拠金として預託→
5,000ドル×20倍=10万ドル(1,200万円)
証拠金は取引額の約5%となる。

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを購入

円高となって1ドル=115円になったとする。
このときの収支は、1ドルあたり 115円-120円=-5円 となる。
10万ドルでは50万円の損失である。

証拠金は 1ドル=120円のときに、5000ドルであるので60万円である。
証拠金 60万円-50万円=10万円 となる。

逆に、円安となって 1ドル=125円になったとする。
このときの収支は、1ドルあたり 125円-120円=5円 となる。
10万ドルでは50万円の利益となる。

証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

24時間取引可能なFX

FX市場は24時間取引されています。
そのため株のように日中に限定されることはありません。
本業が忙しいサラリーマンに適しています。

日本の円が取引停止の時にも他の国の通貨は動いています。
ハマってしまうと眠られない日々が続きます(笑)

FX為替損益で稼ぐ評価

・相場変動リスク


・流動性リスク

この2つのリスクから管理人はハイリスク投資と判断します。
素人には決してオススメはできません。

管理人はかつて一瞬で300万円が吹き飛んだ経験があります。
300万円吹き飛ぶまでは毎月30万円ほど利益が出ていました。
それが景気動向が変わった含み益を入れると450万円ほど消し飛びました。

300兆円/日の動きはあるものの要人発言で思った通りの価格で取引できないことがあります。
レバレッジが掛かればかかるほどリスクは上がります。

FXで利益が出ている人は10%にも満たないと言われています。

資金に余裕があってギャンブルが好きな人や景気動向を常にチェックして自信がある人はやってみてもいいかもしれません。
管理人は怖くてデイトレードは今はしていません。
外貨預金の代わりに利用していることがほとんどです。

次は応用編です。
管理人が為替差益で稼ぐなら一番リスクが少ないと考える手法です。

next→Vol.28 FXで稼ぐ~応用編~

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ