Vol.23 株式投資で稼ぐ~株主優待編~

株主優待

株を保有することの特典が株主優待です。
個人投資家に人気な株主優待を紹介します。
株主優待は配当と同じくインカムゲインの一つとなります。

某夜ふかし番組で株主優待で生活する方の登場で世間的にも盛り上がっています。

株主優待とはなに?

株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。 略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともある。 実施に対する法的な義務は無く、諸外国ではほとんど行われておらず、基本的に日本独自のものであるがアメリカでも希にあり、スターバックスの物が知られる。 海外投資家、海外への優待発送は行われていない。

Wikipediaより

出資してくれてありがとうっていう企業からのプレゼントのことです。
日本独自のものです。
現在では1,000社以上の会社が実施しています。
一定数以上の株を権利確定日に保有していることが大切です。

優待利回りという言葉があるくらい配当と同じく重要なインカムゲインです。
中には優待利回り10%/年という株も存在します。

株主優待は権利確定日を制するべし

権利確定日とは配当と株主優待がもらえる権利日のことです。
実際には権利確定日の3営業日前である権利付き最終日が大切です。
権利付き最終日に株を保有していれば優待がもらえます。
権利落ち日には株を売ってしまっても優待はもらえます。

年1回の権利確定日を実施する企業が多いです。
中には年2回の企業もあります。
年2回であれば半年分の配当と優待が確定します。
多くの企業は31日が権利確定日となっています。
3月と9月に権利確定日を設定する場合が多いです。

<例 31日が権利確定日の場合>

28日 権利付き最終日(この日までに購入)
29日 権利落ち日(権利つき最終日の翌日)
30日
31日 権利確定日

3営業日ですので土日、祝日など取引所が休みの場合は除きます。

極端な話ですが28日の15時に株を購入して29日の9時に売却しても優待はもらえます。
半日保有するだけでもらえるんです!

多くの人が同じことを考えるため権利付き最終日には株価は上がり、権利落ち日には下がります。
優待目当てで短期売買はオススメできません。
キャピタルロスをするでしょう。

株主優待を最大限に獲得する2つのコツ

とってもわかりやすくて初心者には向いている株主優待です。
とはいってもこれも投資です。
リスクは十分に理解しましょう。
リスクとしては
・値下がり
・流動性
・倒産

これらをヘッジして最大限得するようにしたいですよね?
そのための2つのコツを紹介します。
・1単元株で購入

・家族の証券口座を作る

例えばビックカメラ1単元株は100株です。
1単元株(=100株)保有で優待券が3,000円分もらえます。
200株持っていても6,000円とはなりません。
3,000円分のままです。

ということは100株以上は保有しないほうがいいですね!

自分の名義では別の証券会社の口座であっても優待の上限は変わりません。
しかし家族の口座であれば別口となります。
世帯ではカウントされないからです。
夫婦であれば2つの口座でそれぞれ1単元株購入すればいいのです。
これで株主優待は2倍になりますね!

オススメの株主優待ランキング

株主優待利回りを基本に使いやすさから判断しています。
東1:東証一部
東2:東証二部
JS:ジャスダック

※2015年7月7日情報です。

  1. キムラタン(8107 東1)

    権利確定日:3月
    単元株数:1,000株
    株価:9円
    最低購入金額:9,000円
    優待利回り:22%

    1単元株で2,000円の買い物券がもらえます。
    子供服の有名メーカーです。
    管理人家族も愛用中。
    株価があまりのも低いので倒産の危険があります。

  2. エム・エイチ・グループ(9439 JS)

    権利確定日:12月
    単元株数:100株
    株価:301円
    最低購入金額:30,100円
    優待利回り:9.9%

    モッズ・ヘア商品や美容室で使える商品券3,000円。
    おしゃれをお得にが実現できます。
    奥様が活用中。

  3. 山喜(3598 東2)

    権利確定日:3,9月
    単元株数:100株
    株価:243円
    最低購入金額:24,300円
    優待利回り:8.2%

    1単元株で2,000円分の商品券。
    ネットショッピングでも使えます。
    サラリーマンに必須のワイシャツがお得に購入できます。

  4. ワタミ(7522 東1)

    権利確定日:3,9月
    単元株数:100株
    株価:1,057円
    最低購入金額:105,700円
    優待利回り:11.3%

    居酒屋や食品宅配サービスのワタミグループで使用可能。
    年間12,000円分の金券がもらえる。
    会社の飲み会で使ってお金を浮かせよう。

  5. ヤマダ電機(9831 東1)

    権利確定日:3,9月
    単元株数:100株
    株価:477円
    最低購入金額:47,700円
    優待利回り:6.29%

    大手家電販売のヤマダ電機です。
    1単元株で3,000円の商品割引券となります。
    使い勝手もよく苦労しません。

いかがでしょうか?
他にもたくさんの企業が株主優待を行っています。
自身に合う優待を見つけるのも楽しいですね。

優待券が不要であればヤフオクで売ることもできます。
詳細はホップ初級編Vol.13 ヤフオクで不要品が10万円を参照ください。
株主優待は無駄なく有効活用しましょう!

次は初期費用100万円は必要な投資です。
確実には稼ぐことはできません。
しかし株式投資の中ではかなりの勝率となります。

next→Vol.24 IPO(新規公開株)で稼ぐ

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ