将来が怖い…!お金の不安から解放されるための将来を考えよう!

将来

あなたは自分の将来を考えていますか?
考えているよって言われそうですよね(笑)

しかしそれは現在の日本の状況を踏まえていますか?
今後の日本の状況を予測して行動していますか?

日本は財政危機である

日本は世界的に見て先進国ですよね。
街はキレイで交通機関やインフラも整備されていて便利です。

ということは発達しきった国なんです。
もうこれ以上発達しなどころか衰退していく状況です。

人口が減少しているからなんです。
人口減少ということは働き手が減り経済は衰退していきます。

少子高齢化によって日本は経済衰退国になっています。
・収入、金利は上がらない
・年金、社会保険は期待できない

事実日本の借金は1,038兆円で国民一人あたり817万円です。
※2014年9月時点
詳細は時事.comを参照ください。

しかしこの一人あたりの計算は間違えまくっています・・・。
総人口で割っています。
20~60歳までの働き手で計算していません。
返済計画もずさんです。
財務省のHPを是非参照ください。

国や会社に将来を任せていては後で取り返しの付かないことになります。
本気であなたのことを考えてくれているのは家族や友人です。
そしてあなた自身です。
自分の身は自分で守らないといけない時代です。

老後を豊かに暮らすための必要資金は最低5千万円

通常2人で老後を暮らす必要生活費用は
・最低限の生活 :24万円/月
・ゆとりある生活:36万円/月
・豊かな生活  :48万円/月

65歳時の資産は
・3,000万円:最低限の生活
・5,000万円:ゆとりある生活
・1億円  :豊かな生活

↑のように言われています。
生活費以外にも子どもや孫への資金、住宅ローンの返済などあります。
そのため資産は余裕がないと非常に厳しい経済状況になります。

公的年金と退職金だけではまったく足りません。

年金の支払われる金額は年々減っている

公的年金は
・6万円/月
厚生年金
・15万円/月
↑はあくまでも平均です。
年収が高い人は支給金額が増えます。
低い人は減ります。

支払いは65歳からです。
年金の支給時期はどんどん遅くなってきています。
そして支給金額も減ってきています。

Vol.1 でも書きましたが年金の源泉は現在働いている人が払っている税金です。
少子高齢化になれば源泉が減るのは当然です。

あなたが将来必要なお金は?

おどしているようですが事実です!
日本は経済衰退国です。

自分の将来は自分で設計が必要です。

一個だけ良いニュースをお伝えします。
そんな経済衰退国の日本ですが貯金額は1,400兆円と言われています。
借金を帳消しして余りある財力があるんです。

日本は余裕があるから国民から借金をしているんです。
この考えは非常に大切になります。
95%は国民から借りています(笑)
中級編で触れますが日本ってめちゃくちゃ賢い国なんですよ!

話が逸れましたが日本は潰れなくても我々は苦しくなります。
ますます情報を知っている人は得をして知らない人は搾取される。
そんな時代になってきます。

ぜひあなた自身が自分の将来必要な資金を計算しましょう。
何歳生きるのかにもよりますが余裕をみて計算しましょう。

計算が面倒だなって人は豊かな生活ができる1億円を目指しましょう!
多くて損することはありません。

次はローリスク投資をする上での大切な心構えの話です。
ローリスク投資は基本は時間を味方にすることです。

next→Vol.3 ポートフォリオ運用でリスク回避

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ