Vol.10 ポイント交換の注意点

ポイント交換

ここまでの実践はいかがでしたでしょうか?
すでに稼いでいる人もまだ実践していない人もいると思います。

まだの人は Vol.7 分速で1万円稼いでみる から実践してください!

この章ではポイントサイト、アンケートサイトなどで貯まったポイントを交換する際の注意点を解説します。

ポイント交換手数料が発生する!

頑張って貯まったポイントをいざ現金に交換!と気分はハイテンションかと思います。
しかし!ここで注意が必要です。サイトによっては交換手数料が発生します。
またサイトによって交換手数料も異なります。

1回の交換につき無料から300円と様々です。
300円とはリードメールであれば高単価のサイト お財布.com でも300メールクリックが必要です。 
管理人であれば朝食代金+休憩時のドリンク代は十分に浮きます(笑)

ポイント換金用にネットバンク口座を作成する

代表的なネットバンクは下記の3行です。

楽天銀行

住信SBIネット銀行

ジャパンネット銀行

この3行の口座を持っていれば良いでしょう。

ネットバンクをもつのメリットは
①ポイント交換手数料が安い
②金利が高い
③ネットでの管理がスムーズ

①に関しては正直サイトによって異なりますが比較的ネットバンクの方が手数料が無料や安い傾向にあります。
ネットバンクは条件が揃えばコンビニなどで引き出す場合手数料無料になります。

サイト→ネットバンク→コンビニATM

上記の流れが手元に現金を得る流れとなります。
ポイントは→の2箇所です。
ここで手数料が発生しなければ一番よいですよね!

②金利が高いのも有名ですね。
通常の銀行に預けるよりも金利がかなり高いです。
楽天銀行では楽天証券も開設すれば金利が0.1%となります。

管理が通帳ではなくネット上というのも便利です。
記帳の必要がないので365日24時間いつでも見ることができます。

ネットバンクとネット証券を併用すればさらにお得

どうしてもネットバンクではATMを使って現金を引き出す場合に手数料が発生するケースが多いです。
条件を満たしていればいいのですがそうでない場合は手数料が発生します。

例えば楽天銀行の場合10万円以上の預金があれば月に1回までコンビニATMでの引き出し手数料は無料です。
2回目からは216円手数料が発生します。

216円かかるのはもったいないですよね?

そんなときはネット証券口座を使います。

管理人のオススメは マネックス証券 です。

ネットバンク口座のお金を証券口座に入金します。
そしてマネックス証券口座から登録しているあなたのメインバンクに出金します。
そうすることで手数料は一切かかりません。

証券会社は少額でも入金してくれるのであればお客様になります。
お客様からの入金に対して手数料は取らないですよね!
そこを利用します。(ネット証券以外では手数料を取るところもあるため注意が必要)

ネットバンクからネット証券に入金⇒ネット証券からメインバンクに入金

これはオススメです!
管理人は

楽天銀行

マネックス証券

このコンビで使用しています!!

ポイントの有効期限と最低交換数に注意

ポイントには有効期限があります。
期限が切れてしまったらせっかく貯めたのに意味がありません。

そのためにも定期的にポイント通帳やポイント参照といった項目はチェックしてください。
忘れることは当たり前なのでGoogleカレンダーや手帳などに3ヶ月に一度はチェックするように予定を入れましょう!

もうひとつ最低交換数にも注意が必要です。
中には5000円から交換というところもあります。
4200円貯めたのに最低交換数が足りなく有効期限が切れることはよくあることです。

しっかりと最低交換数を確認して足りない、かつ有効期限が近い場合には・・・。
Vol.7 少しの工夫で報酬150%UPでサイトを比較してポイント数が多いところで実践と言いましたが、低くても最低交換数に到達するようにしましょう!

貯めたポイント消滅ほど残念なことはありません(涙)

これでホップ初級編は終了です。
誰でも毎月3~5万円は稼ぐことができます!
管理人の周りではみんな余裕で稼いでいます。
あなたも絶対にできます!即実践です!!

次のホップ中級編では「ネットでモノを売る」ことに焦点を当ててみます。
ポイントサイト系とは違った楽しみがあるのでお付き合いいただけたらと(笑)

next→Vol.11 ネットでモノを売ってみる

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ