FXヘッジファンドへの質問ランキング!

  • LINEで送る

質問が多かったので記事にしますね!

・「FXヘッジファンドの申し込みはどのようにするんですか?」
・「FXヘッジファンド担当者は怖い人ではないですか?」
・「お金はもどってきますか?」
などなど質問が多いです。

今回はその中から多かった質問をランキング形式で紹介します。
※質問内容は質問者の許可を取り、かつ個人が特定できないように内容を一部変更しています。

5位:面談したらゴリゴリつめられるのでは?

はっきり言います。証券会社の営業マンや銀行の窓口の人よりもあっさりしてます(笑)
担当者の方を全身ブランド物でゴリゴリの不動産屋さんのようだと思っている人が多いんでしょうね。
普通の方です。管理人は当初入金までに1ヶ月ほど悩みましたが、その間も真摯に質問にメールで回答してくれました。一度も営業はなかったですね。論理的に詰めてくることもなかったのは良かったです。

強引に論理で詰めてくるファンドは何かしら資金繰りで問題があるケースが多いんです。管理人も以前にやられたこともあり・・・。しっかりしているところは余裕がありますよね!

ということで強引な営業はありません。

管理人としては面談するとよりよいイメージになったので時間や場所の問題なければ面談してみることをおすすめします。

4位:ファンドマネージャーに会うことは可能ですか?

答えを言うと会う機会はあります。
実際に管理人は5回以上は会って直接話をしています。食事も行ったことあるのですが、はっきり言って天才だと思いました。そりゃ負けないわけだわ・・・。
と思う人です。
実際に外資系証券会社勤務の友人や東大工学部で金融工学を学んでいた友人も、知識や手法はもちろんですが物事の考え方や人間性に驚嘆していました。
FXヘッジファンドだけではなく、実業でも成功されているので何やっても成功する人なんだろうなと思います。一番工数や社員の管理が効率的なFXヘッジファンドにたどり着いたようです。

出資者であれば交流会が不定期に行われているので機会はあります。出資前であれば担当者の人に相談すれば特別に呼んでもらえるかもですね。

3位:出資金は返金できるのか?

できます!ルールがあって月末までに所定の用紙に返金することを明記して郵送で送ります。そうすると翌々月末に口座に振り込まれます。
管理人はずっと運用しているので返金したことはありませんが、管理人の父親や友人が返金したのを何度も見ているので確実です。

注意点が2つあります。
①用紙はFXヘッジファンドの事務局に月末までに到着しないといけない(営業時間内に)
②返金されるときは為替変動がある

①に関しては営業時間内がポイントなので事務局が開いている基本は平日に到着しないと処理が間に合いません。まぁ普通のことですよね。
②は出資の際に注意として言われることですがFXなので為替の影響を受けます。為替相場で出資金額が出資時より+にも-にもなることがあります。

2位:いつまで持つと思いますか?

この質問は投資する上でナンセンスではありますが、その気持ちはわかります。
2015年からFXヘッジファンドとしては運用しているので3年以上運用していればそんな簡単に潰れたりはしないと思います。

が・・・投資に絶対はないのでそこはなんとも言えません。実際にスルガ銀行や西京銀行のように信じるべき銀行が率先して融資の改ざんしたり、村上ファンドのように運用成績はいいのに快く思わなかった国の圧力で解散したというケースはあります。

一つ言えるのはまずは元本を回収して(単利で)、それ以降はもし万が一があっても後悔はないのではないでしょうか?早期に開始して回収するのが鉄板です。

1位:申込みはどのようにしたら良いのか?

確かに、いきなり担当者に連絡するのはハードル高いですもんね!
申込みはweb上で簡単に完結します。

担当者に連絡⇒Web申し込み(必要事項記載)⇒出資金入金(月末までに)⇒翌月から運用開始⇒末締めで翌月25日前後に配当確定⇒複利運用であればそのまま、単利であれば電話連絡⇒単利の場合は月末に振込

単利の場合どのような流れか具体的に見ていくと。

9月30日までに入金⇒10月1日から運用開始⇒11月25日ごろに10月の配当確定⇒配当確定(Webで閲覧可能)後に電話連絡⇒11月末に配当振込

担当者とは実際は面談や電話なしでメールでの申込みも可能です。ネット証券会社と同じですね(笑)

いかがだったでしょうか?よく連絡が来る質問をランキングでお伝えしました。
また随時更新はしていきますのでちょいちょい御覧ください。

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ