ワンルームマンションへ不動産投資!都内が良い?購入の注意点は!

  • LINEで送る

img_0415

「ワンルームマンション投資をする際に気をつけることは?」

サイトから、直接、電話でとよく聞かれます。

管理人がどんな視点で見ているのか説明していきます!
前提ですがローリスクローリターン投資という位置づけです。
何度も言いますがワンルームマンション投資は儲けるためではありません。

なぜワンルームマンション投資をするのか?

・インフレ対策
・生命保険の代わり
・老後の資産づくり
・節税(購入後7年ほど)

日本経済は常にインフレしています。
というのか資本主義社会はインフレし続けないと破綻します。
ということは年数が経てば経つほど貨幣価値は下がります。

現在3000万円の価値が20年経てば2500万円になっているかもしれません!
ハイパーインフレになれば1000万円かもしれません!!

現物資産である不動産を借金して保有すれば?
インフレが起き続けている限り借金が当初のスピード以上に少なくなります。
借金の価値が下がるんですね!

団体信用生命保険が加入必須のため契約者が死亡時には借金はなくなります。
その後、建物を売却してもいいですし。
家賃収入を得るのもいいですね。

旦那が死亡して一気に生命保険が下りて現金が入ると金銭感覚が狂う人が多いと聞きます。
そりゃそうですよね。
何千万円も手元に来たらよほどの精神力でないと(笑)

その点、不動産であれば毎月の家賃収入なのでそこまで生活は崩れないです。

老後の資金はそのままですね!
ローンが払い終わる、前倒しにする。
上記をすればインカムゲインを得られますからね!

ワンルームマンション投資の醍醐味は時間をかけて作る含み益です。
インフレが起こっていれば売却時に得られるキャピタルゲインも狙えます。
インカムとキャピタルを両睨みできるのも楽しみですね。

地方の一棟やアパートの場合はインカムメインですからね。

このあたりは説明しだすと長いので直接管理人に問い合わせください。

節税もおまけではありますができますね。
本当にこれはおまけですが(笑)

ではどんな物件がいいのか説明していきますね!

①場所は都内23区内

堅い堅いワンルームマンション投資であれば都内23区で購入は必須です!

・家賃下落少ない
・建物価格下落少ない
・空室リスク少ない

こんな地域は日本中探してもないですね。
上記を満たすことができる理由は?

1極集中体制は続きます。
都知事が小池百合子氏になったこと。
実際には裏でもっと大きな権力動いてるんですが(笑)
森喜朗氏と反対勢力のドンですね。
東京集中は100年は続くでしょう。
公共工事も100年スケジュールで動いてますし。

都内23区では新築のワンルームマンション建築規制もあります。
どんどん作ることができないんですね。
ライバルが出にくいです。

大阪や名古屋では土地が余っているかつ規制がないためライバルがどんどん出てきます。
すると家賃下落や建物価格下落につながります。
空室リスクもでてきます。

②値段だけで見るな!良い建物を狙え!

よく聞く声が相場よりもこの物件は高い。
平米単価がここは相場より高い。

相場って言葉をよく言いますよね?
土地なら相場って出せるんですけども・・・。
建物に相場は存在しません。

似たような物件を探してきても
・実際に筐体がしっかりしているのか?
・自転車置き場まで手抜きなく作られているのか?
・エントランスは広めで豪華か?
・部屋の内装をケチっていないのか?
・インターネット無料か?
・宅配BOXあるか?
などなど

チェックをして高い安いは見極めないといけないですね!

ここでポイントなのがエントランスや部屋の内装や設備です。
50年ほどはもってもらいたいマンションです。

質が高いものは長持ちするのが世の中の鉄則です。
質が高いマンションを割安で購入するのが鉄則なんです!

「質が高いマンションを手頃に販売している業者さんを見極める方法」
は長くなったので次の章にしますね!

ワンルームマンションを買うとき気をつける点②

(ネットで稼ぐ+節約)×投資=5億円TOP

  • LINEで送る

このページの先頭へ

このページの先頭へ